BlueStacks 4.150 リリースノート

BlueStacks 4.150.11.1001のリリースノート

このバージョンをダウンロード

詳細

自分だけのアバターを作成

自分だけのアバターを作成できるようになりました。

CreateAvatar.JPG

 

アプリの互換性向上

  1. 黒い砂漠 MOBILE』:グラフィックの不具合を改善
  2. マウスカーソルが消える不具合を改善
  3. BlueStacks起動時に発生していた不具合を改善
  4. アナザーエデン』:「サポートしていません」のエラーを改善
  5. 釣りオン!』:クラッシュを改善
  6. ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜』:クラッシュを改善
  7. Last Kings』:黒い画面の不具合を改善
  8. ミルクチョコ』:ミルクの供給が途切れる不具合を改善
  9. Instagram』:カメラを開いた際に発生した黒い画面を改善
  10. メギド72』:クラッシュを改善


BlueStacks 4.150.8.1008のリリースノート

詳細

このバージョンをダウンロード

  • 互換性とパフォーマンスの向上
  • Windows7においてゲームが起動できない不具合を解消

 

BlueStacks 4.150.0.1118のリリースノート

詳細

ゲームプレイを妨げることなくゲームガイドの確認、操作設定が可能に

1.png

この度、新たなゲームコントロールウィンドウが実装されました。プレイヤーはこのウィンドウよりゲームプレイに関する動画、記事、また既存のキーボード設定、詳細設定等の確認を行うことができます。このウィンドウより行える操作は以下の通りです。

  • ゲームプレイに関する動画、記事の閲覧
  • キーの割り当て変更
  • 新規キーマッピング・スキームの作成
  • 既存のキーマッピング・スキームの編集
  • キーマッピングのアップロードとダウンロード
  • キーマッピング・スキームの選択

 

ASTCテクスチャの処理の設定を通してゲームグラフィックのクオリティを最適化

3Dグラフィックスにおいて、テクスチャはオブジェクトの表面(キャラクター、武器、樹木、草の葉等)を描くデジタル描写となります。 ハイクオリティなテクスチャは、リアルな3D画像をレンダリングするために非常に重要な要素ですが、大量のメモリも要求されます。 Adaptive Scalable Texture Compression(ASTC)テクノロジーは、ゲームで使用される技術であり、画像データサイズ、メモリフットプリント、ロード時間を削減すると同時に、高解像度の3Dグラフィックスを提供し、パフォーマンスを向上させます。

BlueStacks実行時、ASTCを備えたゲームには最新のGPUによってハイクオリティなグラフィックがレンダリングされます。 これにより、ゲームプレイ時の全体的なレスポンスとパフォーマンスが飛躍的に向上し、素晴らしいゲームプレイ体験を実現することができます。

5.png

ハードウェアデコードにより、GPUを圧縮されたテクスチャのデコード、レンダリングに専念させることができ、ゲームプレイ体験が大幅に改善します。(ハードウェアデコードを選択した後はBlueStacksを再起動する必要があります)

ただし、お使いのPCのGPUがASTCテクスチャデコードをサポートしていない場合、代わりにソフトウェアデコードを使用する必要があります。(CPUがすべての高解像度テクスチャデコードを実行して、画像の構成とレンダリングを行います)

ある程度のディスク容量が必要となりますが、「キャッシュ」を有効にすることで、CPUのメモリからの読み取り/書き込み操作が改善され、レスポンス時間が改善されます。

ソフトウェアのデコードがゲームプレイ時に遅延を引き起こしていると感じられた場合、ASTCテクスチャを無効にすることも可能です。(その場合、オブジェクトの一部が正しくレンダリングされない場合があります)

BlueStacksは通常、ハードウェアまたはソフトウェアのデコードを自動的に選択しますが、必要に応じていつでも手動で設定を変更いただけます。

設定からABIとARMの切り替えが可能に

Androidアプリは、大きく異なるCPUアーキテクチャを搭載した大規模なデバイス上で実行するように設計されているため、ARMおよびx86プロセッサー・ファミリー用のライブラリを包括することができます。

AndroidはApplication Binary Interface(ABI)を検出し、適切なARMまたはx86ライブラリを読み込みます。この機能により、デバイスの種類を気にすることなく、アプリを簡単に実行することができます。 BlueStacksはx86 CPUを使用するPC上で動作するため、デフォルトでx86ライブラリをサポートしています。 また、ARMデバイスをシミュレートするため、ARMライブラリの読み込みも可能です。x86ライブラリの完全なセットを包括していないアプリは、BlueStacksで実行できない場合があります。今回、ABIとARMの切り替えが可能となり、これまでに実行することができなかったアプリの実行が可能となりました。

4.png

 

モバイルネットワークの選択と許可が可能に

正常に動作するのに特定のモバイルネットワークが必要なアプリをモバイルネットワークを選択して許可することが可能となりました。

3.png

『War Robots』専用のシューティングモード・ツールチップ

『War Robots』にてシューティングモードを使う際に役立つツールチップが新たに追加されました。

アプリの互換性向上

  1. スクリーンレコーダーを使用して、PCのGPUがサポートしている解像度(1080pなど)で動画の録画ができるようになりました。
  2. アプリセンターでの検索にて繁体字中国語またはハングルフォントを使用してアプリ検索を行った際に最後の文字が消えてしまう不具合を改善。
  3. 『リネージュ2 レボリューション』:32bitのAndroidを使用して過去バージョンのBlueStacks上で起動した際に発生するクラッシュを改善。
  4. 『게임빌프로야구』:過去バージョンのBlueStacksでプレイした際に発生するクラッシュを改善。
  5. 『V4 (com.nexon.v4kr)』:キーマッピングが断続的に機能しなくなる不具合を改善。
  6. ファイルエクスプローラーアプリでファイルディレクトリが表示されるようになりました。Androidストレージ内のファイルとフォルダーの変更/削除が可能となりました。

また、タッチデバイス上でBlueStacksを起動した際に発生するエラーが改善されました。

 

この記事は役に立ちましたか?
328人中241人がこの記事が役に立ったと言っています