ゲームパッドコントロールの作成方法(BlueStacks 4.190以降)

ゲームの操作方法はプレイヤーによってそれぞれ大きく異なります。ここではコントローラーを用いた自分だけの操作設定を作成する方法をご紹介します。


ゲームパッドコントロールの編集方法

注意:BlueStacksの設定にて「ネイティブゲームパッド操作」を無効にしていただく必要があります。詳細についてはこちらを参照してください。

1) 1) BlueStacksでゲームパッドに対応しているゲームを起動します(こちらでは『Minecraft』を起動しています)。その後、サイドツールバーにあるキーボードのアイコンをクリックして「コントロールエディター」を開きます。
1__1_.png

2) 「コントロールエディター」を開くと新たなウィンドウが現れます。こちらから様々な操作オプションを選択することができます。
2.png

タップスポット - 画面上における「シングルタップ」のアクションを実行する際に使用します。(『Free Fire』でバックパックを開ける際など)

連続タップ - 「タップ」を連続で行う際に使用します。

十字キー - 移動に関する操作を行う際に使用します。

エイム・視点移動・射撃- ゲーム内でマウスカーソルを表示させる際にキーを割り当てることができます。※こちらはBlueStacks バージョン 4.180以降でのみ利用可能です。

ズーム - 『Rise of Kingdoms』などのゲームのズームアクションを使う際のキー操作です。

スワイプ - 「スワイプ」のアクションを実行する際に使用します。『Temple Run』などのゲームで役に立ちます。

フリー視点移動 - 視点移動のアクションを実行します。

傾斜 - 端末を傾ける操作を実行します。

回転 - 『走行の達人』や『Real Racing 3』などのレースゲーム用のコントロールオプションで、ハンドルの時計回り/反時計回りに対するキーの割り当てが可能です。

 


ゲームパッドコントロールの作成/編集方法

ゲーム内で使用するアクションをウィンドウから選択して画面上に配置します。(こちらでは「タップスポット」を選択しています)
3.png

左ウィンドウ内のアクションをクリックした際、画面上にそのアクションのアイコンが現れます。そちらのアイコンを右クリックすると上位メニューオプションウィンドウが表示されるので、メニュー内の「ゲームパッド」を選択します。
4.png

ウィンドウ内の「タップキー」の項目をクリックした後、操作をゲームパッドに割り当てます。※以下の画像ではこのアクションを「RT」に割り当てています。
5.png

変更を保存した後、ゲームを再開して操作が反映されていることを確認します。

 


いつもBlueStacksをご利用いただき、誠にありがとうございます。ご不明な点がございましたら、support@bluestacks.comまでお知らせください。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

最終更新日:2020年3月23日

 

この記事は役に立ちましたか?
68人中30人がこの記事が役に立ったと言っています