BlueStacks 5 - Hyper-Vが有効な場合にBlueStacks 5が起動できない場合の解決策

BlueStacks 5のバージョン5.13以下をお使いの場合は、より快適なゲームプレイ体験を実現させるため、最新バージョンへのアップデートを強くお勧めします。

BlueStacks 5の起動時にエラーメッセージが表示される理由

BlueStacks 5.14以降を起動した後に以下のエラーメッセージが表示される場合、以下が原因である可能性があります:

  • PCでHyper-Vが正しく有効になっていない。
  • BlueStacks 5の実行には管理者権限が必要な場合があります。

Screenshot_1.png

これを解決するには、「ツールを実行」をクリックして「Hyper-V診断ツール」を起動します。


エラーの解決策

「ツールを実行」をクリックすると、「Hyper-V診断ツール」が自動的にトラブルシューティングを行い、BlueStacks 5の起動を妨げている可能性のあるエラーを解決します。

「Hyper-V診断ツール」は以下のことを行います:

問題の診断

Hyper-Vの競合が原因でBlueStacks 5が起動できない場合、以下のポップアップが表示されます。「ツールを起動」をクリックしてプロセスを開始してください。

Screenshot_2.png

Hyper-Vが部分的に有効になっている場合、正しく有効にする

Windows Hyper-V 設定が部分的に有効になっている場合、Hyper-V 診断ツールは必要な設定を自動的に有効にします。

Hyper-Vを完全に有効にするには、「ツールを実行」をクリックします。

Screenshot_3.png

必要に応じてBlueStacks 5に管理者権限を適用する

BlueStacks 5を正常に起動するには、Windowsの制約によりBlueStacks 5に管理者権限を付与する必要がある場合があります。「管理者として実行」をクリックしてBlueStacks 5を正常に起動します。

重要な情報

  • これは完全に安全なプロセスであり、PCに影響を与えることはありません。
  • これは、一部のWindows PCではHyper-Vを有効にして実行するプログラムはWindowsの特定の制約により、管理者権限で起動する必要があるためです。

Screenshot_4.png

BlueStacks 5を起動するたびに管理者権限を要求する

BlueStacks 5の起動にPCの管理者権限が必要な場合は、快適な起動を実現するため、「各起動ごとに適用」の横にあるチェックボックスにチェックを入れ、「管理者として実行」をクリックすることをお勧めします。

Screenshot_5.png


BlueStacks 5のバージョンが5.13以下の場合

以下のような「Windowsの設定に互換性がありません」というポップアップが表示される場合は、Windowsの設定が正しくない可能性があります。これを解決するには、以下のいずれかの方法でPCのHyper-Vを有効にします:

Screenshot_6.png

重要な情報:

1. Hyper-Vを有効にする前に、PCで仮想化が有効になっていることを確認してください。

2. Hyper-Vを有効にしてもBlueStacks 5を起動できない場合は、BlueStacks 5またはXを管理者として実行してください。

BlueStacksでHyper-Vを自動的に有効にする

PCでHyper-Vが部分的に有効になっている場合、下に表示されるポップアップで「続行」をクリックすると、BlueStacks 5を正常に起動するためのHyper-Vを完全に有効にするプロセスが開始されます。

プロセスが完了したら、変更を有効にするためにPCを再起動する必要があります。

Screenshot_7.gif

カスタムツールを用いてHyper-Vを有効にする

Hyper-VはWindowsのアップデート後やアプリのインストール時にオフにすることができるため、手動で有効にする手間を省くため、当社のカスタムツールは自動的にHyper-Vを有効にします。手順は以下の通りです。

  • カスタムツールをダウンロードしてPCでHyper-Vを有効にします。
  • 「管理者として実行」を選択します。
  • プロセスが完了すると、確認のポップアップが表示されます。変更を有効にするには、「OK」をクリックしてPCを再起動してください。

Screenshot_8.gif

Windows設定からHyper-Vを有効にする

1. デスクトップで「Windowsの機能をオンまたはオフにする」を検索し、検索結果でクリックします。

2. Windowsの機能の中で、以下のオプションを有効にします:

  • Hyper-V
  • 仮想マシンプラットフォーム
  • Windowsハイパーバイザープラットフォーム
  • Windowsサンドボックス
  • Linux用Windowsサブシステム

3. 「OK」をクリックし、PCを再起動すると変更が有効になります。

Screenshot_9.gif

コマンドプロンプトを使用してHyper-Vを有効にする

1. Windowsの検索バーで「CMD」を検索します。

2. 検索結果でコマンドプロンプトを見つけたら、「管理者として実行」をクリックします。

3. 昇格コマンドプロンプトに以下のコマンドをコピー&ペーストし、「Enter」キーを押します。
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all

4. プロセスが完了したら、「Y」を押してPCを再起動します。

Screenshot_10.gif

管理者としてBlueStacks 5を起動する

Hyper-Vを有効にしてもBlueStacks 5を起動できない場合:

  • BlueStacks 5またはBlueStacks Xのアイコンを右クリックします。
  • 「管理者として実行」を選択します。

BlueStacks X

Screenshot_11.png

BlueStacks 5

Screenshot_12.png


いつもBlueStacksをご利用いただきありがとうございます。Happy Gaming!

この記事は役に立ちましたか?
2514人中1060人がこの記事が役に立ったと言っています
Reach out to us on Reddit (Join Reddit) or Discord (Join Discord) or at support@bluestacks.com with your questions.