BlueStacks 5 - Hyper-Vが有効になっているWindows 10とWindows 11におけるシステム要件

※BlueStacksバージョン5.20以降では、Hyper-Vを有効または無効にしてBlueStacks 5を実行できます。最新バージョンのBlueStacks 5にアップデートすることを強くお勧めします。詳しくはこちらをクリックしてください。

最小システム要件について

Hyper-Vが有効になっているWindows 10およびWindows 11でBlueStacks 5を実行するには、お使いのPCが以下の最小限のシステム要件を満たしている必要があります。  

  1. オペレーティングシステム:Microsoft Windows 10(バージョン1903以上)およびWindows 11
  2. プロセッサ:IntelまたはAMDプロセッサー
  3. RAM:PCに4GB以上のRAMが必要です。※4GB以上のディスクスペースがあれば、RAMの代わりとなるわけではありません。
  4. ストレージ:5GBの空きディスク容量
  5. PCの管理者である必要があります。
  6. Microsoftまたはチップセットベンダーの最新のグラフィックドライバ
  7. お使いのPCでHyper-Vが有効であることを確認してください。
  8. PCの「Hyper-V 管理者」グループに追加されている必要があります。これを行うには、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行し、PCを再起動します:net localgroup "Hyper-V Administrators" <username> /add

Hyper-Vが有効な場合、公式サイトからBlueStacksをダウンロードすると、Hyper-V対応版のBlueStacks 5が自動的にPCにインストールされます。

※Hyper-V対応版のBlueStacks 5を使用したくない場合は、PCのHyper-Vを無効にしてから、公式ウェブサイトからBlueStacks 5をダウンロードしてください。

最新版のBlueStacksでは、Hyper-Vを有効化したAndroid 11も使用できます。

いつもBlueStacksをご利用いただきありがとうございます。Happy Gaming!

この記事は役に立ちましたか?
486人中283人がこの記事が役に立ったと言っています
Reach out to us on Reddit (Join Reddit) or Discord (Join Discord) or at support@bluestacks.com with your questions.

We’d love to hear from you! Please take a moment to share your thoughts on the BlueStacks Help Center via this survey.